ライフ・ドロップス

学生と社会人、あなたが思う違いはなんですか?私は普段意識していることがあります。

学生と社会人、あなたが思う違いはなんですか?私は普段意識していることがあります。

   

就職すると「いつまで学生気分でいるんだ!」と言われたなんて話もよく聞きます。

学生生活を卒業し、迎えるのが社会人の生活。

入社してしばらくは、学生の気分が抜けきらない人もいるかもしれませんね。

ですが、いきなりそんなことを言われて戸惑うこともあると思います。

だって遊び気分で出社しようなんて思ってる人はいないでしょう。

それなのに「いつまで学生気分でいるんだ!」なんて言われたら、少なからずショックですよね。

では、学生と社会人の違いとは何なのでしょう?

スポンサーリンク

学生と社会人の違い

まず、学生と社会人の違いや定義は正確な答えがないと私は思います。

一般的な定義などはもちろんありますけどね。

ここからは私が考える学生や社会人について述べていきます。

これが絶対正解!というわけではなく、一つの意見としてこういう考え方もあるという気持ちで考えていただければ嬉しく思います。

そして、より良い社会人生活を過ごして頂ければさらに嬉しいです♪

社会人とは?

社会人を調べると、一般的に「社会に参加し自分の役割を担って生きる人」とあります。

簡単に言ってしまえば、社会に出て働いている人ですね。

専業主婦も働きに出ている夫を支えますし、選挙等で社会にも参加しますから社会人と言えます。

形式的に見れば、20歳になれば成人式を迎え納税の義務も発生しますので、社会人になります。

また、中学や高校を卒業して働いている人であれば、当然学生ではありません。

加えて20歳前から収入を得て税金を納めますから、立派な社会人でしょう。

このように年齢、税金など社会人にもいくつかの考え方があります。

形式ではなく、どのような人が社会人と言えるのか?

先ほどまでは一般的な社会人の定義でした。

ですが、場合によっては社会人と言えるのか疑問に思う部分もあります。

例えば、近頃よく耳にするニートは社会人と言えるのでしょうか?

一般的には20歳を迎えれば社会人になるかもしれません。

ですが、ニートはそうじゃない感じがしませんか?

私は感じます。

別にニートが悪いと言ってるわけではありません。

人の生き方はそれぞれですからね。

ただ、社会人を考える上でニートはどうなの?って感じるという話です。

私が考える社会人の判断材料の一つは、誰かの役に立ち報酬を得て自立できている人かどうかです。

自立できているということは、収入がありますよね。

収入があれば税金を納めます。

そして、会社員、アルバイト、自営業など形態は様々ですが、収入があるからには何かしら社会に貢献していることになります。

その貢献先は、製品でもサービスでも最終的にはユーザーである人に行き着きます。

学生でもフリーターでもアルバイトは同じですが、学生は親に依存している部分がまだまだ大きいでしょう。

一方、社会人として自立しているフリーターもいます。

とはいえ、フリーターでも親に依存している人はいるかもしれませんけどね。

そういう意味でも、社会人を完全に定義するのは難しいでしょう。

ですので、ここではあくまで、どういう考えで自分が社会人として生きるかに話を絞っています。

学生と社会人の違いとは?

学生と社会人の違いは、収入のあるなし、自立しているかどうかなど色々あると思います。

それらに加えて私は、インプットとアウトプットの割合の違いがあると考えています。

学生でもアウトプットは重要です。

ですが、学費を払って学びに行ってる以上、学生はインプット傾向が強いと思います。

反対に、社会人は成果を出すことで報酬を得るので、アウトプットが重要です。

成果を出さなければ利益を生み出せませんよね。

学生は教師に答えを聞きに行って学べば良いかもしれません。

ですが、社会人は最終的には答えを自分で導いたり生み出さなければいけないと思います。

社会人なら収入を得る、その為の心構えとは?

社会人は自立している人と考えるならば、収入が必要です。

当然何もせず収入がもらえるなんておいしい話はありません。

まあ生活保護という制度もありますけどね‥‥。

通常そう簡単に生活保護に頼ろうとは考えないと思います。

少なくとも「社会人とは何だろう?」と考えているあなたならば、そう簡単に頼ろうとは考えないでしょう。

少しぐらい羨ましいと思うことはあるかもしれませんけどね!

私もちょっとは羨ましいかもと思う時がありますし!

でも、もらえたとしてもなんとなく後ろめたい気持ちを感じると思います。

なんでかな?と考えてみましたが、収入を得るとはどういうことかを考えると難しい話でもなさそうです。

収入・報酬は自分が出した成果の対価です。

たまに、辛いことを我慢することでお給料がもらえるなんて話も聞きます。

ですが、それは違うと私は思います。

もちろん仕事をする上では辛いことだってあります。

ですが、その辛いことは収入を得る上で絶対の条件ではないはずです。

だって、楽しく仕事をしてもちゃんと成果をあげれば報酬はもらえますよね?

逆に、成果を出してるのに報酬がもらえないのはオカシイです。

ですので、お金を稼ぐ上で「自分の仕事の成果の対価として報酬を得られる」ということは、忘れてはいけないと思っています。

もし、今までこんな風には考えていなかったという方は、こう考えて仕事に臨むと取り組み方も変わるのではないでしょうか?

我慢してやらされている感満載の仕事よりも、自ら成果を出して報酬を得る仕事の方がレベルも高く仕上がるでしょう。

自然と周りからの評価も上がってくるはずです。

もし、自分の会社じゃそんな望みはないよ‥‥というのであれば、はっきり言って転職も一考の余地ありです。

今の時代、転職も珍しいことではありませんからね。

成果に対して正当な報酬を得る!

社会人ならば、このような考えも重要だと思います。

まとめ

学生と社会人の違いは、収入の有り無しや自立しているかどうかが大きいでしょう。

色々違いはありますが、私が意識していることは、「自分の仕事の成果の対価として報酬を得られる」ことです。

学生の頃は、授業というサービスを受ける対価として授業料を払っていました。

ですが、社会人では逆に、サービスや製品を提供する対価としてお金を得ます。

お客さんがお金を払ってくれるならば、それに応えなければいけません。

お金は信用の証とも言いますし!

なんだかお金の話が濃くなってしまった気がしますね‥‥。

ですが、生活する上で必要なものですから仕方ないことかもしれません。

この機会に、「あなたにとって社会人とは何か」一度じっくり考えてみるのも良いことですよ♪

 - ビジネス ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

意外と知らない36協定!?働き過ぎていませんか?

36(サブロク)協定という言葉。 社会人になって初めて聞いたという人も多いのでは …

リクルートの転職支援は微妙?私はイマイチでした‥‥

今月始めに入社し1週間が経ちました。 まだまだ会社にも慣れませんが、今のところ特 …

家で勉強する?しない?家でも仕事の勉強しなきゃいけないの?

社会人になって就職し働き始めると日々問題にぶつかります。 その時に感じるのが勉強 …

転職活動を始めて3週間経ちました!私の企業選びの方針!

今年の1月に前の会社を退職し、先月で失業給付の支給も終わりました。 だからという …

あなたのワークライフバランス大丈夫?残業・休日出勤が当たり前と思うのは危険!

平日は毎日残業、土曜日も休日出勤‥‥。 会社に入ったらこんな生活は当たり前と思っ …

第二新卒の転職、いつ会社を辞めるか悩む?私は2年10ヶ月で辞めました!

大学、大学院を卒業してついに就職! これから先頑張るぞ~と気合を入れて入社当日を …

革靴のサイズが大きいので対策!中敷で修正できる!

先週革靴を買いました。 就職活動以外で革靴を買うのは初めてです。 慣れていないの …

社会人は信用が大事!ちょっとしたことで信用を失うこともある!?

人から信用してもらえると嬉しいですよね。 ですが、誰かを信用するのって難しかった …

転職先が決まりました!転職活動は1ヶ月でした

昨日志望している企業の二次面接がありました。 二次面接自体は10分かからないうち …

転職先の企業選び、大手か中小で悩みます‥。私の結論はこれ!

私は転職活動をしている時に一度、大手企業にするか中小企業にするか悩みました。 せ …

↑ページTop