ライフ・ドロップス

意外と知らない36協定!?働き過ぎていませんか?

意外と知らない36協定!?働き過ぎていませんか?

   

36(サブロク)協定という言葉。

社会人になって初めて聞いたという人も多いのではないでしょうか?

私も恥ずかしながら、就職して初めて知りました。

36協定は労働基準法の第36条のことを指します。

私は労働基準法の中でも良く聞くのが、この36協定な気がします。

ただ単に私の残業が多かったからかもしれませんが‥‥。

ここでは36協定について、私の体験も含め紹介します。

スポンサーリンク

労働時間の限度を定める36協定

36協定とは?

まず、労働基準法第36条では次のように定められています。

「労働者を法定労働時間(1日8時間1週40時間)を超えて労働させる場合や、休日に労働をさせる場合には、あらかじめ労働組合と使用者で書面による協定を締結しておかなければならない」

これに基づき、36協定では「1ヶ月、3ヶ月、1年」という、ある程度の期間ごとに労働限度時間が定められています。

よくニュースでも耳にする過労死を防ぐ為ですね。

通常は一ヶ月45時間、一年で360時間です。

ただし、これには例外があります。

仕事の納期があったり、急な問題が発生してどうしても限度時間を超えてしまう場合ってありますよね。

働いている方なら、よくご存知のことかと思います‥‥。><

なので特別に、ある月は45時間を超えてしまったが、3ヶ月というスパンでは限度時間に収まるように調整したりすることで、一月45時間を延長できる制度があります。

それが
特別条項付きの協定と呼ばれるものです。

特別条項付きの協定とは?

労使間で特別に協定の手続きをすることで、残業時間の延長が適用されます。

本来これは特別なものです。

ですが、こういうものって
常態化してしまうんですよね‥‥。

私が以前勤めていた会社でもそうでした。

その会社では
45時間の延長は年6回まで、3ヶ月で180時間以内、一年で720時間以内という認識でした。

もう仕事が延長した残業時間を前提に組まれていたんです‥‥。

当時は本来の限度時間が、年360時間ということを知りませんでした。

無知って怖いですね。

それが当たり前だと思ってしまうんですから‥‥。

ちなみに、この残業時間は月によってマイナスの分がありました。

夏休みのように休日が多い月だと、その分残業時間がマイナスからスタートします。

例えばマイナス10時間の月だと、実際は55時間残業したところで36協定時間では45時間とみなされます。

あくまで36協定の残業時間に換算した場合なので、実際の残業代はちゃんと55時間分払われてましたけどね。

ですので、年間最大720時間と言っておきながら、
私は実際には892時間残業していました!

このご時世残業代がちゃんとついて、延長とはいえ36協定に収まってるだけ良いという人もいるかもしれません。

ですが、正直そういう考えになってしまっている時点で
危険だと思います。

残業代が払われないって違法ですし‥‥。

加えて、一ヶ月に100時間ぐらい残業してると、精神的にもものすごく疲労してきます。

これで疲れないというなら正直ちゃんと仕事してるの?と私は思ってしまいます。

体調も悪くなったりしますし、
あながち過労死ってバカにできません‥‥。

私も以前に一度、朝のミーティング中に急に足に力が入らなくなり、立っていられなくなることがありました。

納期ギリギリで切羽詰まってる時ではありましたが、
自分ではまだ大丈夫と思っていました‥‥。

ですが、こういうのは案外突然耐えられなくなるものなのかもしれません。

そこが怖いところです‥‥。

あなたも「まだいける!」と思って倒れないように気を付けてくださいね。><

といっても仕事は待ってくれないので、どうしようもなかったりするんですけどね‥‥。

残業が多くて辛いなら転職するのはアリ!

世間一般に比べれば残業時間が多かったので、お給料は多めだったと思います。

しかし、耐えられそうにないなと思って私は辞めました。

この時には次の就職先も決まっていませんでした。

一応一年以上は暮らせる貯金があったので、退職しました。

残業代がちゃんと出たのと、忙しくてお金を使う暇がなかったのが幸いだったのかもしれません。

とはいえ、今まで常に安全牌を打つような生き方をしてきたのに、ここ一番で大勝負に出たな~という感じでした。(笑)

ちなみに、現在は別の会社で働いていますが基本的に残業がありません。

いわゆる中小企業の中でもさらに小さい会社ですが、基本残業がない会社なんてあるんだ!と思いました。

転職活動時、求人票を見ても私は「本当なのかな?」と思ってしまいました。

普通思いますよね?

よく「残業なし!」とか書かれてるけど、実際は「サービス残業でした!」なんて話も多々あると聞きますし‥‥。

ですが、基本残業がない会社もちゃんとありました。

お給料は少なめですけどね‥‥。><

でも体は資本ですから、どっちを取るかと言われたら今の方が良いと私は感じています。

ちなみに、転職時に前の会社のお給料と今の会社のお給料を比較してみたりしました。

そうすると驚くことに、
残業代を抜いて比較するとほぼ同じ年収という結果になったのです!

お給料が高めかと思ってたのに、
実はほぼ残業した分だったというオチです。

まあ入社3年ぐらいだったので、これから先を見たら全然違うのかもしれませんけどね。

とはいえ、そんな先のこと保証はないですからね‥‥。

そもそも体がもたない気がしました‥‥。

前は仕事行って帰ってきたらご飯食べて、ちょっとしたら寝るというサイクルでした。

ですが、今はある程度色々なことができて楽しいです。

やっぱり時間って大事ですよ。

もちろんお金も大事ですが、生活できる分があれば時間の方が欲しいかなと私は思います。

まとめ

36協定は労働限度時間を定めるものです。

通常は年間360時間ですが、特別に720時間や750時間にすることが可能で、労使間の協定で定められます。

もしも、そんな基準ウチの会社にないよ!みたいな雰囲気であれば、転職も視野に入れることを私はオススメします。

人によっては働きたいという人もいるので、向き不向きがありますが、
働きすぎはリスクが大きいと思います。

しばらくの生活を賄えるなら、私のようにとりあえず辞めてしまうのも手ですね。

私は退職時に、最悪アルバイトでも生活できる家賃や環境に引越ししました。

月10万ぐらいであれば、アルバイトでもなんとかやっていけます。

時には手遅れになる前に、そういう思い切った決断も重要かもしれません。

あらためて、あなたのワークライフバランスを考え直してみることも大事ですよ。

人生一度きりですから、楽しく過ごせるようにしたいものですね!

 - ビジネス ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

会社を辞めても評価されるような仕事がしたい!

私はちょうど一年前の1月に以前勤めていた会社を正式に退職しました。 実際は有給休 …

「会社を辞めたい」それは愚痴?それとも本気?

会社を辞めたい!と思ったことが私もあります。 そして退職したのが昨年の話です。 …

第二新卒の転職、いつ会社を辞めるか悩む?私は2年10ヶ月で辞めました!

大学、大学院を卒業してついに就職! これから先頑張るぞ~と気合を入れて入社当日を …

あなたは何を基準に転職先を決めますか?私の基準はこれ!

最近は景気が上向きになってる雰囲気も少しあります。 とはいえ、まだまだ不景気に変 …

転職先の企業選び、大手か中小で悩みます‥。私の結論はこれ!

私は転職活動をしている時に一度、大手企業にするか中小企業にするか悩みました。 せ …

転職先が決まりました!転職活動は1ヶ月でした

昨日志望している企業の二次面接がありました。 二次面接自体は10分かからないうち …

社会人は信用が大事!ちょっとしたことで信用を失うこともある!?

人から信用してもらえると嬉しいですよね。 ですが、誰かを信用するのって難しかった …

あなたのワークライフバランス大丈夫?残業・休日出勤が当たり前と思うのは危険!

平日は毎日残業、土曜日も休日出勤‥‥。 会社に入ったらこんな生活は当たり前と思っ …

リクルートの転職支援は微妙?私はイマイチでした‥‥

今月始めに入社し1週間が経ちました。 まだまだ会社にも慣れませんが、今のところ特 …

家で勉強する?しない?家でも仕事の勉強しなきゃいけないの?

社会人になって就職し働き始めると日々問題にぶつかります。 その時に感じるのが勉強 …

↑ページTop