ライフ・ドロップス

13って縁起が悪い数字じゃなかったの!?日本の縁起

13って縁起が悪い数字じゃなかったの!?日本の縁起

      2015/07/15

私は13には良い印象がありません。

子どもの時にテレビ番組で見た、怖い話のせいだと思います。

学校の階段だったかで、13段目を上ると死んでしまうという話だったと思います。

13

その番組を見た以降は、階段が13段の度に怯えていました。

今でもたまに、階段が13段だと、ふと思い出してしまいますね。

あなたは13という数字に、どんな印象がありますか?

スポンサーリンク

13という数字の縁起

13という数字は縁起が悪い?

色々なところで、13という数字は縁起が悪いと聞いたことがありませんか?

調べてみると、理由はいくつかあるようです。

一つは、キリストに関係する話です。

最後の晩餐は有名だと思います。

あなたもご存知ではありませんか?

その最後の晩餐は、キリストとキリストの弟子12人が出席しました。

その席に13番目についたのが、裏切り者のユダであったことから、13が不吉な数字だとされています。

処刑台の階段の段数が、13段だったという話もあります。

また、「13日の金曜日」という有名なホラー映画がありますよね。

殺人鬼ジェイソンのお話です。

普段の生活でも、13日の金曜日だとジェイソンが来るー!なんて話をしたことがあるのではないでしょうか?

私はありました!(笑)

13という数字から、この「13日の金曜日」を連想する方も多いかもしれませんね。

これも、あまり良いイメージではありませんよね。

13という数字は、何かと死に関係することが多い気がしますね‥‥。

キリストもジェイソンもそうですよね。

私が昔見た番組も、死に関する内容でした。

その為、13が縁起が悪い数字と考えられることが多いのかもしれませんね。

日本では13という数字は縁起が良かった!?

しかし、この13という数字の話は、外国の話が元になっていることが多いのです。

では、日本ではどうなのか?

調べてみると、日本ではむしろ13という数字は縁起が良い数字でした!

一つには十三参りというものがあります。

十三参りは関西で盛んに行われています。

関東ではあまり聞かないかもしれませんね。

数え年で13歳を迎えた子どもは、干支が一回りして生まれ年の干支になります。

そこで、これまで健康に過ごせたことと、これからさらに知恵と幸福を授かる為に、お参りするのが十三参りです。

「栗よりうまい十三里」という言葉もあります。

これはサツマイモのことを指します。

なぜこんな言い方をするのかと言うと、昔はサツマイモよりも栗の方が人気がありました。

そんな中、その人気の栗よりも、ウチのサツマイモの方が美味いよと宣伝したんです。

その時の、宣伝文句が、「栗(九里)より(四里)うまい十三里」

「九里+四里=十三里」ということですね。

13が縁起の悪い数字だったら、このような言い回しはしませんよね。

昔の日本では、キリストもジェイソンもありませんでしたから、元々日本では縁起が良い数字だったのでしょう。

十三が「とみ」とも読めるので、縁起が良いという話もあります。

実際日本の地名でも、大阪の十三(じゅうそう)のように、13が用いられている地名もあります。

地名の由来には、複数の説があるようですが、13という数字が縁起が悪いと考えられていたら、付けられない地名だと思います。

また、13は素数ですよね。

素数とは1と自分自身の数字以外で、割り切れないような整数のことを言います。

数字の縁起では、陰陽道の考えにより、偶数は2で割り切れるので縁起が悪いとされています。

割り切れないという意味では、13も当てはまるので、縁起が良いと言ってもおかしくはないと思いませんか?

ちなみに、アメリカ合衆国では、建国時の州の数が13でした。

その為、13という数字は吉数とされていたんですよ。

1ドル紙幣の裏面にも、その根拠となる情報が隠されていました!

1ドル

1ドル紙幣の裏面に書かれている、鷲が掴んでいるオリーブの葉、実の数が13なんです。

そして、鷲がもう一方の足で掴んでいる矢の本数も13です。

さらに、鷲の頭上にある星の数も13なんです!

ここまでこだわるかというぐらい、13という数字が出てきますね‥‥。(笑)

そして、アメリカの国旗の紅白の線の本数も13なんですよ!

amerika

これらのことからわかるように、アメリカでも13という数字は、縁起が良いと考えられていたんですね。

もし、縁起が悪いと考えられていたのであれば、紙幣や国旗に用いることはないですよね。

いかがでしたか?

13という数字のイメージが、何か変わったりしたでしょうか?

数字のイメージにも、宗教的なものや歴史的なものが大きく影響してきているのは、おもしろいですよね。

それでも、私の中の13というイメージは、なんとなく怖いものですね‥‥。

こういうのをトラウマというのかもしれませんね。><

 - 生活・暮らし ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

悲観的な考えは損をするだけ!問題があるなら解決方法を考えるしかない!

普段の生活でついつい悲観的に考えてしまうことが多い人もいると思います。 私も今は …

自転車のスマホは停止中でも捕まるって嘘?本当?その理由とは?

自転車に乗っていて、ちょっと時間を確認したくなった。 ちょうど赤信号だし、ペダル …

断捨離とミニマリスト、そこまでやる必要があるの?

最近よく目にするミニマリストという単語。 最小限のモノで暮らす人という意味です。 …

結婚は敢えてしないの?できないの?結婚すれば本当に幸せ?

会社の上司や先輩、身内の人によく言われるのが、彼氏彼女はいるの?結婚しないの? …

縁起って何だろう?ツバメの巣が良いとか聞くけれど‥

あなたは縁起と聞いた時、どのような想像をしますか? 小さい頃から縁起が良いとか、 …

6の縁起が悪いはなんとなく!?訊いても答えてくれない6の縁起とは?

数字の6の縁起が悪いと聞いたことがある人は多いのではないでしょうか? 私も祖母に …

引越しを機に盛り塩をしてみた!盛り塩のやり方は?

私にとって、引越しで気になることの一つが、幽霊の存在や悪い事が起きたりしないかど …

友引の結婚式は縁起が良いお日柄!早めの予約が大事!

結婚式と友引って、どんな関係があるの? 六曜の一つである友引。 私の友引のイメー …

普通の幸せってどんなもの?幸せは自分で選ぶもの!

友人と話をしているとしばしば聞くのが「自分は普通に幸せだったらそれで良い」という …

辛い毎日‥‥だからこそほんの少しでも楽しいことを!

あなたは毎日楽しいと思える時が少しでもあるでしょうか? もしないのであれば、辛い …

↑ページTop