ライフ・ドロップス

大学院に行く必要ってあるの?私が進学せず就職した理由!

大学院に行く必要ってあるの?私が進学せず就職した理由!

   

大学3年にもなると悩むのが、就職するか大学院に進学するか‥‥。

私の大学では、大学院に進学する人が90%ほどでした。

ほどんど進学ですね‥‥。

ですが、私は大学院に行かず、就職しました。

スポンサーリンク

大学院に行かず就職

私が大学院に進学しなかった理由を、以下にまとめました。

大学院に行かず就職した理由

  • 学費
  • 進学理由が特になかった
  • 大学院生が有利とは限らない
  • 早く一人暮らししたかった

学費

私が、大学院に進学しなかった理由の一つが、学費です。

大学だけでも、既に約200万円の学費‥‥。

奨学金でまかないましたが、言ってみれば借金のようなものです。

これ以上、奨学金を増やすのもどうかと思いました。

私は第一種奨学金を借りていたので、利子はつきません。

ですが、それでも返済に14年ほどかかります‥‥。><

正直、これ以上増やすのは怖いという気持ちがありました‥‥。

進学理由が特になかった

2つ目の理由が、進学理由が特になかったことです。

大学院に行ってまでやりたいことが、見当たりませんでした。

学費のこともあり、そこまで考えてなかったというのもありますが‥‥。

とはいえ、私には大学院に行くメリットが見当たらなかったのは事実です。

周りのほとんどは大学院に進みましたが、ちょっと不思議でした。

だって、結局2年後には就職するんですよ?

ちゃんとした目的がある人も、いると思います。

ですが、中にはまだ遊びたいという人もいるのかなーとかも正直思いました。

まあ、人それぞれですよね!

大学院生が有利とは限らない

3つ目の理由が、大学院生が有利とは限らないことです。

大学院に行った方が、就職に有利という話も聞きますが、企業によりけりだと思います。

もちろん、大学院に行った方が有利という場合もあるでしょうが、それだけではないと思います。

私の上司は、大学生を採用したいと言っていました。

理由は、大学院生の場合、2年間のハンデがあるからということでした。

実際、大学院で勉強したことが、就職してどれほど役に立つかはわかりません。

大学院

就職先によっては、全く役に立たないこともあるでしょう。

そうだった場合、大学卒業と同時に就職していれば、大学院卒業の年には、就職3年目になっていますよね。

実際私も、2年後に自分と同じ歳の後輩が入社してきました。

2年も会社で働いていれば、まだ未熟とはいえ、それなりに業務も身についているはずです。

なにより、会社でコミュニケーションが取れるようになっているでしょう。

会社で働く限り、このコミュニケーションがスムーズに取れることは重要です。

私は個人のスキルよりも、チームで活動できる力の方が重要だと、就職して感じました。

もちろん、個人の力が必要な場面はありますが、会社で働く限り限界があるんです‥‥。

また、会社には、それぞれの雰囲気があります。

就職するなら、その雰囲気にある程度適応する必要があります。

それに適応しすぎてしまうと、労働基準違反などに、気づかなくなってしまうのかもしれませんが‥‥。

集団で生活する限り、慣れる必要はありますよね。

それなら、早いに越したことはないと思います。

とはいえ、大学院に進学したら、就職先の視野も変わるのかもしれませんが‥‥。

早く一人暮らししたかった

最後の理由は、早く一人暮らししたかったです!(笑)

これは大学生の時点で、叶えてる人も多いかもしれませんね。

奨学金でまかなったり、親から仕送りしてもらったりで、一人暮らししてる人はいます。

私は東京にある大学に通っていました。

ですが、北海道から来た人もいれば、広島や鹿児島から来た人もいました。

都会への憧れはやっぱり強いんですね‥‥。

私は生まれも育ちも神奈川なので、その気持ちは残念ながらよくわかりません。><

とはいえ、私の実家も最寄り駅まで、自転車で約1時間という田舎なんですけどね‥‥。(笑)

そういうのもあって、早く一人暮らしがしたかったです。

親から文句を言われるのも、ストレスになりますし‥‥。><

私は一人でいるのが好きな人間なので、余計に憧れも強いものでした!

とはいえ、経済的に厳しかったので、就職するまでは我慢でした‥‥。

その為、大学卒業と同時に就職する!という気持ちは強かったです!

まあ、その会社は3年で退職してしまったわけですが!(笑)

就職したら、一生その会社で働くということもあるかもしれません。

ですが、転職することも珍しくない時代です。

私が勤めていた会社でも、転職者はちらほらいました。

年上の方に話を聞くと、実は昔は別の会社で働いていたと言う人も結構いました。

私が会社を辞めるという話をした時に、いろんな人に話を聞いたんですけどね。

なので、大学院に進んで良い会社に入社したからといって、定年まで働くという保証はないんです。

最悪の場合、リストラという可能性もなくはありません。

まだまだ不景気ですから、何があるかは正直わかりません。

そういう点から見ても、奨学金という形の借金を増やすのは、得策ではないなと私は考えました。

大学院に行って就職したのに辞めてしまえば、大学卒業で働いていても良かったのでは?とも思ってしまいますよね。

どんな会社も、実際に働いてみないと分からない部分があります。

そして、1社目で自分に本当にあった会社を見つけられることは、難しいとも思います。

だから、転職する人が多いのでしょう。

転職しながら、会社を比べていき、自分にはここが良いという会社を見つけるんだと思います。

だったら、大学卒業で就職した方が、2年分のアドバンテージがありますよね。

まとめ

もちろん、考え方はあなた次第です。

大学院で学びたいこと、やりたいことがあるのならば、進学するべきです!

でも、そうでなくて、周りが進学するから自分も‥‥と考えているのなら、就職を視野に入れても良いと思います!

私はこんな風に考えて、大学卒業と同時に就職をしました。

結局辞めてしまった会社ですが、入社して良かったと思っています。

少なくとも、入社した選択は間違っていないと今でも思っています。

私が就職活動をしている時に、入社した会社の上司に言われたことは、「卒業したらとりあえず、まずはプータロー(無職)にはなるな」でした。

どこでも良いから、就職して社会に出ろと言われました。

その通りだと思いました。

大学卒業後、就職するか大学院に進学するかは、悩む人も多いと思います。

どちらにせよ、後悔はしない選択をしたいものです!

少しでも私の考えが参考になれば幸いです!

 - 教育

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

あなたにとって夢とは何ですか‥‥?

一言に夢と言っても、人によって千差万別ですよね。 小さい子供は、将来の夢はサッカ …

↑ページTop