ライフ・ドロップス

それは罠!ヤフオクの吊り上げ入札に騙されないで!

それは罠!ヤフオクの吊り上げ入札に騙されないで!

   

私はたまに、ヤフーオークションを利用します。

まだ出品はしたことはありません。

落札専門ですね。

欲しいものがある時に、amazonと合わせてチェックしたりします。

あなたもヤフオクを使ったことは、あるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ヤフオクのシステム

個人が自由に、物を出品することができるのがヤフオクです。

そして、オークション形式で、一番入札金額が高い人が、購入する権利を得るシステムです。

非売品のものや、既に売られていないものを探すのに便利です。

たまに吊り上げ入札がある!

開始入札金額は出品者が決め、あとは締め切り時間の価格が落札金額になります。

しかし、この落札金額がたまにおかしい時があります。

オークション終了10分前ぐらいには、1,000円ぐらいだったのに、最終的に5,000円ぐらいになるものもあります。

もともとの価値が1万円ぐらいのものであれば、最後に入札が集中する可能性も、もちろんあります。

それでも、最後の10分に集中するのは、おかしいですよね?

ヤフオクでは終了前5分以内に入札があると、自動的に10分間期限が延長される機能もあります。

その間に、いきなり複数の人たちが、入札してくるのは不思議です。

この場合、落札金額の吊り上げが目的の可能性があります!

吊り上げとは、出品者が自分の商品に、別のアカウントIDで入札して、落札価格を操作することです。

もちろん、これはガイドラインでも禁止されている行為です。

ですが、現実的に取り締まるのが難しかったりするので、野放し状態なのです。

商品が落札されれば、ヤフー側にも落札金額の5.4%の手数料が、出品者側から支払われます。

なので、吊り上げが野放し状態なのと、正直関係ないとは言い切れませんよね‥‥。

高い金額で落札されれば、それだけ収入になるシステムですからね‥‥。

徐々に吊り上げる例

吊り上げの例としては、先ほどのように、現在価格が1,000円のものを複数のアカウントを使って、徐々に値上げしていく方法があります。

複数のアカウントで徐々に上げることで、本来の入札者を煽る形ですね。

これの対策としては、あまりオークションに白熱しすぎないことです。

欲しいものがあって、あと少しで落札という状態だと、ついつい入札してしまいがちです。

ですが、正確な相場を調べておき、自分が納得できる上限は決めておくのも重要です。

もし、本当に吊り上げであれば、どこまで上がるかは出品者次第です。

万が一、吊り上げしているアカウントで落札してしまっても、次のように言ってくる場合があります。

「今回、この商品の落札者と連絡がとれませんでした。ですので、もしよろしければ、次に入札金額が高いあなたの入札金額でお譲りしますがどうでしょうか?」

これは、繰り上げ落札というものです。

私も一度言われたことがあります。

落札できた!と喜びたいところですが、最初に1,000円で入札していたものが、吊り上げのせいで5,000円近くになっていたら、大きな損ですよね‥‥。

もちろん、繰り上げ拒否もできるので、あやしいと思ったら断るのも手です。

状況に合わせて判断しましょう!

自動入札を利用されることもある!

ヤフオクには、自動入札という便利な機能があります。

これは、自分がこの金額まで出せるという価格を設定しておくと、その価格までは段階的に、自動で入札してくれるものです。

例えば、現在価格が500円のものに入札する時に、1,200円までなら出せるということで1,200円で入札した場合。

まずは、入札すると500円が現在価格になります。

その後他の人が、700円で入札すると、自動的に710円で入札し直してくれるシステムです。

もし、他の人が1,210円で入札した場合は、その人の1,210円が現在価格になります。

ちなみに、自動入札の単位は、その時の現在価格によって違います。

オークション終了間際まで、張り付かなくて良いので、便利な機能なんですが、これが利用されることがあります。

たとえば、現在価格が1,000円のものに対して、あなたは5,000円まで出せると思ったとします。

その時に、いきなり5,000円で入札しておくと、もしあなたが落札した時には、5,000円以内で落札されることになります。

ところがここで、先ほどのように出品者が吊り上げをしようとします。

ですが、先ほどの例のように、徐々に上げる方法ではありません。

まず、別アカウントIDその1で、適当な金額で入札をします。

その金額が6,000円であれば、あなたの入札金額を超えますよね?

自動入札システムにより、現在価格1,000円だったものが、5,250円で入札されます。

このことにより、入札した人は、あなたの最高入札金額が5,000円だったとわかりますね?

そこで、出品者側から、現在の最高入札者である、別アカウントIDその1の入札を取り消しします。

ヤフオクには取り消しを、出品者側からできる機能があります。

すると、入札が取り消されたことで、もとのあなたの1,000円の現在価格に戻ります。

ですが、この時出品者はあなたの最高入札金額が5,000円だとわかっています。

そこで、別アカウントIDその2で4,900円で入札します。

すると、自動入札システムで、あなたが5,000円の入札金額で最高入札者となります。

この状態でオークションが終了すれば、5,000円であなたが落札者となります。

深夜とか平日の昼間とか確認できない時に、このようなことが行われる可能性があります。

この対策としては、自動入札システムを過信せず、徐々に自分で入札することです。

どうしてもその時間は都合が悪いという場合もあるので、仕方がない部分はあります。

ですが、あまり早い時間から、大きな金額は入札しない方が良いですよ!

ヤフーの別アカウントは、簡単に作ることができてしまいます。

中には、このような吊り上げをする出品者がいることは、知っておきましょう。

出品者の特徴を確認する

もし出品者が、過去にも同じようなものを出品していて、毎回同じような値段で落札されている場合は、吊り上げしている可能性があります。

評価の項目から、過去の出品は見れるので、確認してみましょう。

また他に出品しているものがあれば、それらの商品の入札者の中に、同じIDが入っていないか調べてみるのも大事です。

まとめ

入札金額の吊り上げは、そこまで多くないと思います。

ですが、注意するに越したことはありません。

オークションは、白熱してしまうこともあります。

今まで見つからなかった物を見つけると、どうしても欲しくなってしまったりもします‥‥。

とはいえ、あらかじめ出せる上限を決めておき、冷静に判断することが重要ですよ。

私も過去に何度か経験があるので、今は気をつけています‥‥。><

もし、予算内で収まらなければ、今回は縁がなかったんだと割り切ることも重要だと感じています。

吊り上げの被害に遭わないように、気をつけてくださいね!

 - ショッピング ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

JINZ PCとZoffのパソコン用メガネを買ってみた!

あなたは、ブルーライトという言葉を聞いたことがありますか? テレビやパソコン、ス …

外で音楽を聴くならMP3プレーヤーが一番だと思う

あなたは普段、何で音楽を聴くことが多いですか? 私は家ならパソコン、外ではMP3 …

椅子代わりにバランスボールはどう?65cmサイズを使ってみた!

家で椅子に座っている方は、多いと思います。 私も椅子は一脚持っています。 3年前 …

お風呂で音楽!Bluetoothスピーカー最高です!

私は音楽を聴くのが大好きです! 家にいる時は、1日中聴いていることも多いです。 …

便利な電子書籍!本との違いは?

徐々に普及し始めている電子書籍。 あなたはもう使っていますか? 私は少しずつ電子 …

OKストアの安さは他スーパーと比べて激安!?

スーパーは全国に色々ありますが、最近私はOKストアで買い物をします。 OKストア …

鉄製フライパンは一度使ったら手放せないと思う!

私は普段、自炊をします。 よく、野菜炒めを作ったり、肉を焼いたり、親子丼を作った …

冬に重宝する布団乾燥機!寝る時はポカポカの布団で!

あなたは布団をよく干しますか? 私はあまり干しません。 干さないと言いますか、干 …

↑ページTop